裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正/リンガルブラケット矯正)の特徴

裏側矯正(舌側(ぜっそく)矯正/リンガルブラケット矯正)は、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を歯の裏側に付けるので、表側からは矯正治療をしていることがほとんどわからなくなる方法です。
最も目立たない方法ですが、「舌の違和感が強くしゃべりづらい」「治療期間が表側からの矯正治療に比べると長くなる傾向がある」「費用が割高になる」などのデメリットもあります。
当院では患者さんの症状の難易度に応じて、裏側矯正が可能か判断させていただいております。

裏側矯正
(舌側矯正/リンガルブラケット矯正)

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を取り付ける矯正治療法です。当院の裏側矯正はアリアスという最新の矯正装置を使用しますので、比較的違和感が少なく、治療期間が短いというのが特徴です。そして何よりも、歯の裏側への装置装着となるので、矯正治療中であることはほとんど分からず、人前に出るお仕事をされている方や、挙式を控えた方などにお勧めです。

ハーフ裏側矯正
(ハーフ舌側矯正/ハーフリンガルブラケット矯正)

ハーフ裏側矯正

上顎(じょうがく:上の歯列)には裏側矯正装置を装着して、下顎(かがく:下の歯列)には表側矯正装置を装着する矯正治療法です。

会話中や日常生活で目立つ上顎には裏側から装置を装着して、比較的目立ちにくい下顎には表側から装置を装着します。
目立たなく矯正治療をしたいけれど、予算を抑えたいという方にお勧めです。