中学生・高校生の矯正治療

今からでも決して遅くありません


すっかり永久歯に生え変わった中学生、高校生のお子様でも、まだまだ手遅れではありません。中学生、高校生、のお子様は、ちょうど子供から大人の身体へと成長中の時期。むしろ、大人になる直前に矯正治療を受ける、またとないチャンスです。また、成人前のこの時期に矯正治療を通してブラッシングや口腔衛生の習慣を身につけることで、良い歯並びと健康なお口で生涯にわたって食事を楽しんでいただけると思います。
もう一つ、矯正治療によってご自身の笑顔に自信が持て、対人関係にも大きなプラスとなる事でしょう。

中学生・高校生の矯正治療を行うメリット


中高生時期に矯正治療を行うメリットは以下の通りです。

上下のあごのバランスを見ながら不正咬合の矯正治療ができる。

骨が未成熟で永久歯が完全に生えていない時期に矯正をスタートする事によりスペースを確保したりあごを拡げたりすることが容易になります。

歯並びもあごの骨の成長を利用して矯正できるので、大人より短期間で簡単に矯正治療が行える。

第2次成長期にある中学生から矯正治療を始めることにより、歯並びの改善とともに上下のあごの成長バランスを整えることができます。

成長中のあごの骨を効果的に矯正できる。

大人の矯正に比べて、細胞の活性も高く、歯を動かす矯正力にも反応が良い時期です。個人差はありますが、残っているあごの成長を矯正治療に利用できる有利な時期でもあり、これが大人の方との一番の違いになります。

中学生・高校生の矯正治療における治療方針(装置、期間など)


成人の矯正治療、Ⅰ期治療の後のⅡ期治療(本格矯正治療)と使用する装置は同じです。
当院が採用する矯正治療方法は以下の通りです。

マルチブラケット法


マルチブラケット法は、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。当院では3次元的かつ精密に歯の移動をするには、 表側矯正による効果の高い矯正治療をスタンダードと考えております。また以下の点を工夫してマルチブラケット法にて矯正治療を行っております。

マルチブラケット法

ポイント

痛みを和らげ、軽減するように工夫をしています。 矯正治療では、ワイヤーなどによって歯に力をかけて動かしていくため、歯が締め付けられるような痛みが発生する場合があります。この痛みを軽減させるために、与える力を抑えて、歯に穏やかで無理のない歯の動きをさせます。また当院では、患者さんが苦痛を伴うことなく矯正治療を受けていくことができるよう、最大限の配慮をしています。

治療中の様子

ポイント

装置を付ける期間を短くするために、歯を効率よく動かします。 近年開発されている矯正装置は小型化が進んでおり、従来の装置と比較すると劇的に目立たなくなっています。しかし装置が長期間お口の中にあることは患者さんにとって身体的、精神的にも負担は大きいものです。そこで当院では適切な力で歯を動かしていく矯正治療を心がけることや、個々の症状に合った緻密な矯正治療を精密に行うことで治療期間の短縮に配慮しています。

カウンセリングの様子

また摩擦の少ないブラケット(セルフライゲーションブラケット)を患者さんの状態に応じて使い分けることで治療期間の短縮に取り組んでいます。セルフライゲーションブラケットとは従来のブラケットと比べてワイヤーとブラケットの間の摩擦抵抗が軽減され、スムーズに歯を移動することが可能な矯正装置です。つまり、歯の移動に伴う痛みが軽減し、治療期間の短縮に役立つシステムなのです。

従来のブラケット

従来のブラケット

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット

ポイント

出来るだけ装置は目立たせないように心がけます。 マルチブラケット装置の最大のデメリットは、目立つ歯の表面に装置を装着しなければいけないことですが、近年では、透明の素材を用いたブラケットが登場し、マルチブラケット装置による矯正治療も、できるだけ目立たなく行われるようになってきました。

治療中の様子

当院でも、透明で目立たないブラケットを選んでいただけます。患者さんの状態やご希望に合わせて、前から3〜4番目までの目立つ部分には透明なブラケットを用い、奥歯には壊れにくい金属製のブラケットを用いることが多いです。また歯の表面に付けるブラケットを透明なものにするだけでなく、白いワイヤーを用いる方法もあります。ワイヤーが歯に近い色にコーティングされているため、ギラギラとした金属色の反射を抑えることができることから「できるだけ目立たない方法で」というご希望に対応するために導入しています。

クリアブラケット

クリアブラケット

クリアブラケット+ホワイトコーティングワイヤー

クリアブラケット+ホワイトコーティングワイヤー

当院で行っているその他の矯正治療方法


矯正用アンカースクリュー(インプラント)矯正

「アンカー」と呼ばれる小さなスクリュー(インプラント)を歯ぐきに埋めて、これを固定源にして歯を引っ張ることで効率的に歯の移動ができる画期的な方法です。効率的な歯の移動ができるため矯正治療期間が従来よりも10〜30%短くできることがあります。

矯正用アンカースクリュー(インプラント)矯正

裏側矯正(舌側矯正・リンガルブラケット矯正)

裏側矯正(舌側矯正・リンガルブラケット矯正)は、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を歯の裏側に付けるので、表側からは矯正治療をしていることがほとんどわからなくなる方法です。最も目立たない方法ですが、「舌の違和感が強くしゃべりづらい」「治療期間が表側からの矯正治療に比べると長くなる傾向がある」「費用が割高になる」などのデメリットもあります。

裏側矯正

マウスピース矯正(インビザライン・ASOアライナー)

マウスピース矯正とは「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。他の矯正方法と違って取り外し式ですし、ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちにくく衛生的です。しかしこの方法で矯正治療可能な症状は限られており、症状によっては通常の矯正方法との併用となる場合もあります。

マウスピース矯正