医院ブログ

2020/05/25

永久歯の矯正治療と新型コロナウイルス感染リスクについて

こんにちは姫路駅徒歩2分にある姫路はま矯正歯科院長の濱です。5月末になり新型コロナ

ウイルスの新規感染者数も徐々に減少してきています。5月25日現在ですが兵庫県では8

日連続で新規感染者数が0を記録しています。これは多くの方が感染拡大防止に協力し我

慢を続けたこと、そしてご尽力されている医療関係者の方々のおかげだと思います。

感染拡大が続く中、多くの患者さんから歯科医院でコロナウイルスに感染するのではない

かという質問をいただきました。確かに歯科医院は人と人が密に接する空間です、皆さんが

心配して当たり前だと思います。しかし日本において感染が拡大してから歯科医院で医療

従事者から患者さんへの感染はまだ発生していません(5月25日現在)。これは各歯科医院

の方々が以下の感染症対策をとっているからです。①マスク・グローブの着用②頻繁な手洗

い・手や指の消毒③診療器具の滅菌や消毒④使い捨て用具の使用⑤診療室内の消毒・換気⑥

スタッフの健康チェック等。各歯科医院が最大限の努力をしているからこそ、現在の結果が

あると思います。永久歯の矯正歯科治療は直ちに治療を開始しなければいけない治療ではな

いと思われます、しかし治療を開始されている場合は以下の場合は状態が悪化する前に受

診したほうが良いでしょう。①器具が外れて強い痛みを感じる②器具や詰め物やかぶせ物

などが外れ、とがった部分が口の中を傷つけている③歯ぐきが腫れ・痛みが増している④歯

が折れたり抜けてしまった⑤保定装置が壊れてうまくはまらない⑥口内炎が2週間以上治

らず大きくなってきた。以上の場合処置が必要と考えられますので、かかりつけ矯正歯科医

に相談してください。また長期間来院せずに放置したままでいると、思いがけない歯の移動

が生じてしまうことがあります。治療を開始した場合は感染拡大に十分留意した上で継続

的に通院されることをお勧めします。

 

また緊急時の対処の方法は下図を参考にしてください。